インタラクティブメディア設計学研究室へようこそ!

人と人、人とシステムを結ぶ情報メディアは、計算機システムやメディア技術の発展とともに、インタラクティブなものに変化してきました。
本研究室では、未来のインタラクティブメディアのあり方を考えると同時に、それを実現するために必要となる技術に関する研究を行っています。
特に、現実世界に対してコンピュータグラフィックスなどで表現される仮想世界を位置合わせし提示する拡張現実感技術に着目しています。
このようなメディア技術を実現するために、コンピュータグラフィックス、コンピュータビジョン、ヒューマンコンピュータインタラクションに関する研究に力を注いでいます。

新着情報

  • 2017/8/26 本研究室の設立10周年記念パーティが開催されました!
  • 2017/7/02 Qirui Zhangと秋山 諒がAPMARで口頭発表を行いました.   
  • 2017/6/27 ISUVRがNAISTで3日間,開催されました.
  • 2017/5/13 オープンキャンパスで研究室の紹介を行いました.
  • 2017/4/17 4人の新M1が配属されました!

一覧