yuichiro-f」タグアーカイブ

Disney Research Zürich インターンシップ報告

お久しぶりです.D3の藤本です.

7月頭から10月頭まで,3ヶ月の間,スイスにあるDisney Research Zurichにインターンシップに行ってきたため,それについて簡単に報告します.

IMG_0646

Disney Research Zürichの入り口

Disney Research はThe Walt Disney Companyが世界各国のDisney WorldやDisney映画に使用する技術などを研究する会社です.私の日本での研究が今年のインターン募集テーマに近かったため,本当に幸運なことに,ここでインターンシップをさせていただけることになりました.関係者のみなさまにはこの場を借りてお礼申し上げます.

たくさんお伝えしたいことがあるのですが,残念ながら,業務や会社に関して詳しくは口外出来ない規則なので,それを超えない程度にお伝えします.

このDisney Researchはアメリカ3カ所とスイスに1カ所あるのですが,私が行ったスイスの研究所では,CV,CG,3Dモデリング,ロボティクス,イメージング技術等各分野が少人数のグループに分かれ研究がなされています.各グループはポスドクを含んで,主に3-7人程度の研究者で構成されており,一人のグループリーダーがそれをまとめています.私が在籍していたのはVision and Sensingというグループで,CVやロボットの自立制御,プロジェクション技術など様々なことを研究テーマとして取り扱っていました.

私はここでプロジェクタを用いたリアルタイムプロジェクションに関する研究に携わりました.ここで働けて非常に刺激になったのが,様々な異なる専門性を持つ人と関わりながら,作業できたことです.例えば,プロジェクタで投影する画像が必要なときには,専用のデザイナーの方と話をすることで,画像を作成してもらえます.また,少し特殊な光学系のための台が必要になった場合,その用途やサイズを伝えれば,ハードウェア専門の方がそれをデザインして,3Dプリンタで作成してくれます.このように各専門性を持つ様々な人と力を合わせることにより,研究者が研究自体に集中できる環境になっていると感じました(企業研究ってそういうものなのかもしれませんが).

言わずもがな社員の研究のレベルは極めて高く,採択されるのが極めて困難なSIGGRAPHに毎年10本近い論文を通しているようです.3ヶ月ながらこんな場所で研究できたことは,非常に恐れ多いながらも,最高の経験となりました.自分の能力の足りなさにへこむこともしばしばでしたが,得た経験値はどえらいことになっているはず.

もっと書きたいことがたくさんあるのですが…書けないのがつらい!では,このあたりで.

 

IMG_0662スイス(ドイツ語圏)の料理

IMG_2727 週末はスイスの山でハイキング

IEEE Virtual Reality International Conference2014 (VR2014) 参加報告:(藤本)

みなさん,こんにちは.D3藤本です.

年度が変わったので,まずはご挨拶から.
このブログは学生が参加した国際会議,研究会等の報告や
研究室のイベント等の報告を対外的に行うことを目的としたものです.
このブログを通じて,少しでも私たちの研究室の雰囲気などを知って,
興味を持っていただければそんなうれしいことはありません!

今回参加したのはバーチャルリアリティの国際会議IEEE VR 2014(国際会議3DUIと併催).
アメリカ,ミネソタ州ミネアポリスでの開催となりました.カナダとの国境らへんの州で
4月だというのに雪が降っています.
今回は口頭発表(大勢の前でプレゼンをするスタイルの発表)
とデモ発表(作成したシステムを現地に持っていき,参加者にみてもらうスタイルの発表)
での参加となりました(ハード(`_`)).

—————————————————–
参加人数 350人くらい?
投稿数: 116
発表
ロングペーパー :18
ショートペーパー:10
ポスター :31
デモ :13
——————————————————

DSCN1080_mini

会場のホテル


キーノート:

会議には著名な研究者を招いて,その方の講演を拝聴するセッションがあり,
それをキーノート(基調講演)と呼びます.
1人目のキーノートスピーカーはNorth Carolina大学のHenry Fuchs先生.今回はテレプレゼンスに関するご講演でしたが,それ以外にもこの分野で非常に幅広くご活躍されている先生でARの国際会議ISMAR等他会議でもよくお見かけします.トークがエネルギッシュかつユーモアに満ち溢れており,Oculusがfacebookに20億ドルで買収されたことにふれ,これがVRが一般に幅広く認知されていくための非常に大きなチャンスであると熱弁されていました.
2人目のキーノートスピーカー,HITラボのHunter Hoffman先生のキーノートは,ひどい火傷を負った患者の治療時の耐え難い痛みなどをバーチャルリアリティを使用したシステムにより軽減できるというお話でした(あくまで一例).実用的なVRシステムの話に,VR という分野のもつ様々な可能性を再認識しました.

DSCN1150_mini


気になった論文・発表:

関心のあるAugmented Realityセッションから気になった論文を紹介します.
Mixed Reality Virtual Pets to Reduce Childhood Obesity,
Kyle Johnsen, Sun Joo Ahn, James Moore, Scott Brown, Thomas P. Robertson, Amanda Marable, and Aryabrata Basu
子供の肥満問題を仮想ペットによって解決することを目的とした研究で,本会議のベストペーパーに選出されています.ユーザは日常的にセンサが搭載されたUSBフラッシュメモリのような形状の小型デバイスを持ち歩き,それには時間ごとの運動量が記録されていきます.それをユーザの家に設置されたシステム(kinectやディスプレイから構成)につなぐことで,ユーザの運動量に応じて,画面内の仮想ペット(小型犬)が太ったり痩せたり,新たな芸を覚えていきます.以上のような方法で仮想ペットとインタラクションさせることで,肥満気味の子供に自発的な運動を促すというコンセプトのようです.
子供60人という比較的大規模な被験者数の被験者実験を行い,システムの効果を確かめています.

Global Localization from Monocular SLAM on a Mobile Phone,
Jonathan Ventura, Clemens Arth, Gerhard Reitmayr, and Dieter Schmalstieg
カメラ付き携帯電話のようなデバイスを対象とした,サーバクライアントベースのSLAMの研究.
サーバ側にあらかじめ,大規模な3次元点群データを保持しておき,クライアント(各携帯端末)側で
SLAMにより構築された3次元データとの3D-3Dマッチングをおこなうことでグローバル位置姿勢推定を
行うというアイデアです.この方法だと,非常にロバストに位置姿勢推定が行え,なおかつサーバ側にないデータに関しては通常のSLAMのように追加していけるというメリットがあるようです.


自身の発表

口頭発表

自分では判別できませんが,ぼちぼちだったと思います.
しかしいつもながら,質疑応答の英語がしょぼい..日頃から研究のことを英語で考える習慣をつけていたら,
質疑応答時,さらっといいたいことが説明できるような気がしました.こころがけよう.

デモ発表

今回用意したのはTシャツ型の白い布を上半身トルソーに貼り付け,プロジェクタでテクスチャを投影することで,見た目を変化させるというもの.
前回のデモ発表時で手痛い失敗をしていることからかなり入念に準備しましたが,今回はシステムがよく動いてくれたため,たくさんの人に見ていただくことができました.

DSC_5886_mini

論文等で名前を顔と名前を知っているだけの超有名な先生も見に来てくださったりしましたが,十分にアピールできず.もっとがんばれ,おれの英語能力!!

多くの参加者の人にいただいたコメント,「リアルタイムで動かないのか?」
あまりに何回も言われすぎて,変なやる気がでてきました.次回があれば,
そのときまでにシステムを改良しリアルタイムで動かしてやりましょう!

まとめ

今回の学会に参加してとくにおもったこと.

  • 英語もっとべんきょうしよう
  • 各研究が最終的に何のやくにたつのか,
    ということを発表中に明確に伝えられている研究は非常に説得力を持った発表となっていること.
    我々の教授も常々仰っていますが,ある技術を開発研究する際に,最終的にその技術がどのような人にどんな目的で使われ,どのような効果をもたらすのかを常に見失わないことが大事ということなのでしょうか.

  • その他

    DSCN1075

    日本料理居酒屋:一週間の滞在中,日本料理3回も食べてる

    IMG_2581_mini

    みんなで折り紙大会

    IMG_2543_mini

    まさかのNBA観戦

    Augmented Human International Conference2014 (AH2014) 参加報告:(藤本)

    また..だと?!
    ぎりぎりD2の藤本です.個人ブログみたいになってきましたが,また私からの報告です.

    今回参加した会議はさまざまな科学技術により人間そのものを拡張することを目的とした
    Augmented Human International Conference 2014です.
    http://cse.eedept.kobe-u.ac.jp/ah2014/
    今回で5回目となる比較的新しいこの会議,本年は神戸での開催となりました.
    以下のようなトピックをメイントピックとしていますが,
    非常に幅広い分野の人が集まる会議という印象です.

    Augmented and Mixed Reality
    Internet of Things
    Augmented Sport
    Sensors and Hardware
    Wearable Computing
    Augmented Health
    Augmented Well-being
    Smart artifacts & Smart Textiles
    Augmented Tourism and Games
    Ubiquitous Computing
    Bionics and Biomechanics
    Training/Rehabilitation Technology
    Exoskeletons
    Brain Computer Interface
    Augmented Context-Awareness
    Augmented Fashion
    Augmented Art
    Safety, Ethics and Legal Aspects
    Security and Privacy
    —————————————————–
    参加人数 100人くらい?
    投稿数: 87
    ショート・ロングペーパへの採択率: 36% (昨年度は55%)
    発表
    ロングペーパー :13
    ショートペーパー:19
    ポスター :18
    デモ :8
    ——————————————————
    もともと日本人が多い国際会議という印象ですが,今年は日本開催
    ということもあり,例年より特に日本人多し(全体の7割が日本人だそうです).
    私は2年前につづき2回目の参加.
    何の発表もないのですが名刺を配るためだけに参加させていただけることに.
    ——————————————————————————————————–
    印象に残った発表

    Around Me: A System for Providing Sports Player’s Self-images with an Escort Robot – Junya Tominaga, Kensaku Kawauchi, Jun Rekimoto
    ランニング時等にリアルタイムでフォーム矯正を行うことを目的とした研究.
    カメラとディスプレイを搭載した自走ロボットをユーザの前に走らせ,
    ディスプレイにうつされた自身のフォームと重畳表示された情報を確認することで,
    それを行います.今回のベストペーパーです.AroundMe
    http://lab.rekimoto.org/projects/around_me/

    Carrier Pigeon like Sensing system: Animal Computer Interface Design for Opportunistic Data Exchange Interaction for a Wildlife Monitoring Application
    Keijiro Nakagawa, Hiroki Kobayashi, Kaoru Sezaki
    野生動物の活動範囲の広さとそれらのコミュニケーション方法に着目し,
    一定範囲で通信が行える機器をキツネ,タヌキ等の野生動物に取り付け,
    複数の野生動物を介することで,通常電波の届かないような山奥等でデータ通信を行うことを目的とした研究.
    野生動物に取り付けるセンサ等の機器は当然ながら小型でなくてはならず,また設置後の電池交換などができません.エネルギー消費を抑えるため,発表者ご自身の飼い犬にエネルギー消費の少ない加速度センサを取り付け,いろいろと予備実験されたそうです.

    DSCN1042

    An Interface for Unconscious Learning using Mismatch Negativity Neurofeedback
    Ming Chang, Hiroyuki Iizuka, Yasushi Naruse, Hideyuki Ando, Taro Maeda
    日本人にとって英語のRとLの違いは分かりにくいものですが,このような
    音は意識下では違いが認識できていなくとも,無意識下では違いが認識できているそうです.
    このような違いを視覚フィードバックなどで無意識的に学習させることで,なんと当人でも
    気づかない内に,RとLの音のような違い(RLはあくまで一例)が学習できてしまうということを示した研究.この分野にまったく詳しくないので,新規性が如何ほどかは判断できませんが,これはすごい...

    DSCN1041

    Pseudo- Transparent Tablet based on 3D Feature Tracking – Makoto Tomioka, Sei Ikeda, Kosuke Sato
    カメラ付きのタブレット画面越しに実世界を見たときに,タブレット映像と実世界が地続きに見えるようにリアルタイムで補正を行う研究.
    何度も学会等でご一緒させていただいている大阪大学佐藤研のM1冨岡さん,池田先生らの
    研究であり,今回ベストデモ賞を受賞されました.おめでとうございます!

    2

    http://www-sens.sys.es.osaka-u.ac.jp/research/if.html

    ————————————————————————–
    その他

    神戸大学塚本・寺田研のマスコットキャラ,ツカボー!!
    と思いきや,二代目のキャラ,ラボリンらしいです.DSCN1039

    バンケットは船の上!!丹波牛!!船の上から見る神戸の街並みは最高でした.
    ぼくは兵庫県民ですがステマじゃないよ.
    DSCN1049
    DSCN1059

    ———————————————————————
    名刺配り

    今回のメイン.遊んでばかりはいられない.
    今回のために名刺を作り直し,裏面には現在取り組んでいる研究や過去の研究の画像を載せてみました.また加藤先生にアドバイスをいただいたように,研究ムービをiPadで見せられるように用意.そのかいあってか,今まで話しかけたいけど話しかけられなかった,そんな先生方等と幅広くお話しさせていただく機会に恵まれました.他大のD2の人等と今後の話もできて,非常に有意義な学会にできたと感じています.

    ———————————————————————-
    さいごに

    毎回書いてますが,みんな学会参加しよう!たのしいよ!

    オウル大学滞在報告 藤本

    みなさま,こんにちは.
    またです.D2藤本です.

    私は現在フィンランド,オウル大学に2カ月半の滞在をさせていただいており,今回はその報告をさせていただきます.

    とはいっても,数年前より,私たちの研究室から入れ替わり立ち替わり何人もの学生がオウル大に短期留学しており,様々なブログを書き連ねた結果,もはや書くことなしの一言.
    オウル大学やここでの生活については他の方のブログを読んで知ってもらうとして,自分の考えていることを主に書きたいと思います.

    ・留学生としての自分とオウルの人々
    日本での私の研究室の学生は,現在その半数以上が様々な国からの留学生です.日本に住む日本人として,それら留学生と交流する機会は数多くありましたが,当然のこと,このフィンランドでは立場が逆になります.これは自分の今までの留学生への接し方の是非を確かめ,再考するためのまたとない機会であると感じています.

    先日,こちらで来年から大学生になる高校生向けのオープンキャンパスのようなイベントのお手伝いをしました.日本でもオープンキャンパスがある際は研究室の留学生にも協力してもらっているということもあって,私も進んでお手伝いしました.
    が,ここで日本にいる留学生の立場になって考えると,日本でのオープンキャンパス時,「なぜこんな手伝いをしなければならないのか」と考える人がもし仮にいたとしても,それは無理なからぬことなのかもしれません.

    これはその人のパーソナリティだけでなく,自分の立場をその研究室の正規の一員として捉えているか,あくまで一種のお客さんとして捉えているかに原因の一端がある気がします.仮に日本で留学生がこのようなイベントの手伝いを積極的にしなかったり,渋る顔を見せることがある場合,私たち日本人はその留学生に対し,一方的にネガティブな感情を抱いてしまったり,留学生だから仕方ない,と思考を止めてしまいがちですが,一概にその人のみが悪いとは言えません.日頃の我々の接し方がその留学生に対して,そのような捉え方を促してはいないか,考えてみる余地があるのではないでしょうか.
    というか私個人がその辺の考えが足りてなかったと猛省する次第.
    もちろん各個人のパーソナリティによるところもあるのは確かですが…

    とはいえ,自身が留学生である場合,自身をただのお客さんではなく,研究室の正規の一員として捉え行動した方が,得るものが多いことは明らかだと思うので,そう思って生活したい所存.

    さて話は変わりますが,こちらにはCafé lingaという各国の文化に興味のある人が集まり,ざっくばらんに話をするという集まりが週1回あります.
    その中の日本に関する集まりに私も毎週参加していますが,友達も作りやすく,そこで知り合った人々にいろいろと飲み会などに誘ってもらえました.「(もし万が一)休日はずっと一人で過ごす二ヶ月半になっても,心を強く持って乗り切ろう」という後ろ向きな決意を留学前にしていた私にとって,これは非常にありがたいことでした.

    日本に帰ったら,ぼくも留学生にやさしくなろう.

    そう決意を新たにした一カ月半でありました.

    ・オウルの人々の研究室滞在時間
    人や研究室に寄るのは当然のことながら,こちらの研究室では基本的に定時には帰る人が多いようです.
    9,10時ごろ学校に来て,17時頃には各部屋の多くは空になる印象です.またオウルの人々は休日をとても大事にし,土日は (ほとんどの人が)学校に来ない(という傾向が日本の大学より強い)ようです.

    私はこのスタイルもまた良しと感じていますが,これが最善であるかどうか判断することはできません.ただ,日本では研究室での滞在時間が長ければ長いほど頑張っているという雰囲気があるような気がしています.結果が出ていれば,研究室滞在時間などは問題ではないという結果重視の意見をお持ちの方も多いとは思いますが,私個人としては(結果はそこまで芳しくはないが)研究室に長く残って頑張っているというプロセスが認められる考え方も嫌いではありません.

    しかしながら,上記のような雰囲気があるがゆえに,長く滞在するために長く滞在することがよろしくないことは明白.「一生懸命研究に取り組んだから,結果として長く研究室に滞在した」はOK.「研究あんま進んでないし,今日はもうやる気ないけど,今帰るのは体裁的によろしくないからyoutubeでも見て適当に時間潰して帰ろう」は早く帰って,リフレッシュして明日に備えて寝れ,ということです.

    当たり前のことを書き連ねてしまいました.
    自戒の念しか込めていませんが,そんなことを考えながらの滞在です.

    第18回VRSJ大会 参加報告:(藤本)

    D2藤本が第18回日本バーチャルリアリティ大会参加報告をいたします.

    この大会に参加するのは2年ぶり2度目(前回ブログはこちら),
    今回は今年3月に梅田に完成したばかりのグランフロント大阪での
    開催となりました.

    気になったトピックをいくつか.

    パネル討論:いま改めてHMDを考える
    DSCN0630

    ここでは近年発売されたOculus Rift(http://www.oculusvr.com/)がひとつの話題となっていました.

    Oculus Riftというと珍しい高視野角(平行視野で90度程度?)のHMDというイメージがありましたが,
    HMDの専門家である研究者や開発者の方々からすると,昔からそのようなHMDは存在し,
    むしろ近年主流であった視野角25-45度程度のHMDから原点回帰したという印象があるようです.

    まだまだ人間の視覚,認知能力に近づけるためにはハードウェアだけでなく,
    ソフトウェア的にも改善すべき点が山ほど残っているとのこと.
    我々も,いずれどこかの企業が良いHMDを出してくれることに期待するだけでなく,
    問題点の解決方法を研究の中で模索したいところ.と言ってみます.

    基調講演:「世界を創る~イメージの想起と提示~:遠藤雅伸(モバイル&ゲームスタジオ取締役)」「雷に魅せられて」:河崎善一郎(大阪大学名誉教授)
    基調講演1件目はみなさんご存知ゼビウスやドルアーガの塔など(ご存知ですよね?),
    数々の名作ゲームを世に送り出してきた遠藤雅伸氏.
    ゲーム作りの具体例を通し,自分の頭の中に思い描いたものを実際に形にし,世に出していくプロセスに関するお話でした.
    ゲームに限らずメイキングの話を聞くとわくわくするのは私だけではないはず.

    IMG_1668

    2件目は雷の計測の権威である大阪大学名誉教授の河崎善一郎先生.
    雷の計測を30年間続けてきたというだけあり,どことなく雷の研究者といった風貌の先生です.
    各国での雷の実地観測経験を交えての講演でしたが,本当に自分の研究テーマがお好きなのだという印象を受けました.
    好きこそものの,といいますが,自身の行っている対象をこれだけ愛せる人がここまでの人物となるのだろうということを改めて実感.
    どちらの講演も(内容的にもべしゃり的にも)非常に面白く,これだけでも行った甲斐があると思える内容でした.

    デモ:
    国際バーチャルリアリティコンテストIVRCのデモ展示が行われていました.
    どのデモも数々の先行を勝ち残っただけあり優れていましたが,特に面白かったのは以下のデモ.

    バーチャルロープスライダー:
    公園のアスレチックなどにある滑車付のロープに捕まって進む器具を擬似体験をできるというもの.
    高視野角の両眼HMD(Oculus Rift),振動する台,風を感じさせるための扇風機などを用い,うまくスライダーを再現しており,体験待ちの列ができるほど.

    DSCN0639

    グラビトミン酸:
    架空の調味料グラビトミン酸を振り掛けることで,食べ物から知覚する重さを変化させるシステム.
    グラビトミン酸の入った容器を振ることで,連動してフォーク上のデバイス内の重り位置を徐々に変化させ
    つきさした食べ物の重みが変わったかのように感じさせるというもの.
    マシュマロを試食させてもらいましたが,重みを変えることで,食感が変化したような気がしました.コンセプトがすごく好き.

    IMG_1687

    次回は来週のISMARで…