IEEE VR 2018 (秋山)

こんにちは,D2の秋山です.
3/18〜22の期間に行われたIEEE VR 2018に参加してきました.
今年はドイツのロイトリンゲンという場所で行われました.
3月でしたがまだ雪が降った日もあり,大変寒かったです.

ようこそIEEE VR 2018へ!

まだ雪の残る会場

IMDの学生としては僕とD2のOral, M2のNickoの3人が参加させていただきました.
僕とOralはポスター発表,Nickoはカンファレンスペーパーのセッションでのプレゼン発表を行いました.Nickoは空間的な記憶の訓練においてARとVRを比較する被験者実験を行い,得れれた結果を今回発表していました.Oralは自転車のトレーニングにおいて怪我の多い膝の動きを分かりやすく可視化することで正しいトレーニングを支援する研究について発表を行っていました.

プレゼンテーション中のNicko

Fastforward SessionのOral

僕,秋山は有彩色物体にプロジェクタで光投影を行った場合に表現できる色が狭まってしまうという問題を,人間の錯視を誘発することで物理的に表現できない色を知覚的に表現する,という研究を行なっています.その研究について,現在得られている結果を今回発表させていただきました.思っていたよりもたくさんの方に興味を持っていただくことができ,ポスター発表の時間中ずっとどなたかに説明したり議論したりしている状態でした.自分の研究に興味を持ってもらえたり,意見をいただけたりすることで,自分の研究が国際的に認められるかもしれないという感覚や研究に対するモチベーションにも繋がり,とても有意義な時間でした.

 

過去最多の参加者数を記録したIEEEVR 2018

来年は大阪で行われます.

来年のIEEE VR 2019は大阪で行われます.今年のIEEE VRが過去最多の参加者数であることからもまだまだVRやARという分野の勢いは止まらないのかもしれません.来年の大阪でのVRでは,今回のVRよりも更なる大きな勢いのある学会になればいいなと思います.

 

オウル大学でのインターンシップ

こんにちは、M1の大谷です。
フィンランドのオウル大学での一ヶ月間のインターンシップを終え、先週帰国しました。今回はその報告をさせていただきます。

まず大学で行っていたインターンシップの内容についてです。
今回のインターンシップでは、CMVS(The Center for Machine Vision and Signal Analysis)内のPhysiological Signal Analysis Groupというところで、Tapio Seppanen先生、Tiina Seppanen先生にお世話になりました。その中で私は、Tiina先生の研究内容であるRespiratory Effort Beltsのデータ解析をさせていただきました。このテーマを選んだ理由としては、医療分野と情報分野の融合分野という点でNAISTでの私の研究と共通しており、私の研究に活かせるものがあるのではないかと考えたからです。

Tiina先生

Respiratory Effort Beltsとは、胸とお腹の動きから呼吸のペース、流量など呼吸に関する様々な情報を推定できるものです。今回のインターンシップでは、肺活量計を用いて測定した正確な値と、Respiratory Effort Beltsを用いて測定した推定値との関連性について調べました。解析に用いたデータは実際に病院でアレルギー患者を測定したデータで、そのようなデータを扱うことは非常に貴重な経験となりました。

解析にはSPSSというソフトを使いました。初めて使うものだったので、はじめは苦戦しましたがルームメイトの助けもあって、最終的になんとかTiina先生に結果を提出することができました。
今回のインターンは新たな知識を得るとともに、自身の研究についての理解を深めるための良い機会となりました。

ルームメイト達

次にフィンランドの町について書きます。
まず、行く前から分かりきっていたことですが、とにかく寒いです。私が一か月で体験した中では最低-23℃まで下がりました。

しかし、気温の低さを除けば、フィンランド生活はとても快適で素晴らしいものでした。
町並みは美しく、食べ物も美味しいし、ホテルの近くにショッピングセンターもあって、日本とさして変わらない生活が送れました。

 

 

オウル市内

また、昨年IMDラボにインターンシップで来ていたIlyasと再会することもできました。
彼にはこのイン ターンシップの間、非常にお世話になりました。最後の週末にはKemiのSnow Castleに連れて行ってくれました。彼のおかげで非常に楽しい1か月間となりました。

Ilyasとスノーキャッスルで

 

短い期間ではありましたが貴重な体験をさせていただきました。
今回得た経験を活かし、研究に励んでいきたいと思います。

最後に、今回のインターンシップにあたって様々な面でご支援をしてくださったオウル大学の先生方、インタラクティブメディア設計学研究室の先生方に厚く御礼を申し上げます。

Kiitos !!

ISCA 2017

こんにちは、M2の稲光です。

あけましておめでとうございます。
2018年最初の投稿となりますが、皆様良き新年を迎えられたでしょうか。

新年といえば、1月1日から2日にかけて見る夢を初夢と言います。
自分は生まれてこの方初夢というものを見たことがないのですが、今年の今夜こそは何か見れるかもしれないという期待をいだきつつ、床に就きたいと思います。

それはさておき、12月1日・2日にグランフロント大阪・ナレッジキャピタル イベントラボにて開催されたISCA 2017に私の研究を出展させていただいたので、その報告したいと思います。

ISCA(INTERNATIONAL STUDENTS CREATIVE AWARD)とは、国内外の大学や大学院、専門学校の学生が対象の、国際的なクリエイティブアワードです。

「国内映像コンテンツ部門」、「海外映像コンテンツ部門」、「デジタルコンテンツ部門」の3部門で作品を募集しています。

今回、自身の研究である『AR Yōkai: A Situated Augmented Reality Ghost Story』を「デジタルコンテンツ部門」にて応募したところ、本審査ノミネート作品に選定していただき、出展の運びと相成りました。

開催初日には、錚々たる審査員の皆様によるノミネート作品の審査、及び受賞作品の発表がありました。

当日は私も審査員の方々を前に自分の作品をプレゼンをしましたが、緊張でところどころたどたどしい説明になってしまいました。

「果たしてこんなことで受賞などありえるのか」と、おののきながら受賞発表会場に参加しましたが、案に相違して、私の作品が優秀賞に選ばれました!

今回の優秀賞は、自分ひとりの力で得たものではなく、本研究に協力していただいたの皆さんのおかげで成し得た結果でした。

この場を借りて御礼申し上げます!ありがとうございました!

また、審査員の皆さまからも激励の言葉を頂き、身の引き締まる思いでした。

光栄な賞をいただき本当に嬉しく思います!

授賞式の後は、「国内映像コンテンツ部門」、「海外映像コンテンツ部門」の作品上映会が行われました。
どの作品もプロの作品かと見紛うほどのクオリティで、ストーリーテリングを研究のテーマとしている身としては、物語をわかりやすく伝える上手さ、映像の美麗さ、演出の巧妙さに舌を巻くばかりです。

また「デジタルコンテンツ部門」では、貯金箱とスマホアプリを連動させ、お金を貯めると同時にスマホノベルゲームシナリオがアンロックされるという、『貢箱』というアプリや、世界中の死者の情報を仮想の地球上にインフォグラフィックスで表示するという『Leaves』といったメディアアートなど、感銘を受ける作品が数多く展示されており、自身の創作欲を刺激されました。

分野は違えど、己の才能を遺憾なく発揮している方々が集い、作品を発表しあう今回のISCA2017は、自分にとってかけがえの無い体験になりました。

自分も今回の結果にあぐらをかかず、更にその上をめざして物事に取り組むよう、精進していきたいと思います。

ACE 2017 @ London

こんにちは,D2のカプランです.

12月14〜16日の3日間,ロンドンに行われたAdvancements in Computer Entertainment (ACE)学会に参加してきました.ACEはエンタメを注目している学会ということで,今年は特にシリアスゲーム関する研究の発表が多いでした.

今年は自分の運動モティベーションについての発表に加えて,セッションチェアの役割を果たしました.沢山の発表を聞き沢山の人と討論しました.いつも通り世の中の色んな所から来てる人に面白いイデアが山ほどあり,専門的に色々習ったと思います.

下記はロンドンにいる間撮った写真の全てです.必ずご覧になってください!

 

Cheers!

Just before the glorious Tower Bridge…

Facing the glorious Tower Bridge

one of the glorious towers of the glorious Tower Bridge!

conference venue; The Shard, as viewed from far

when they raise the bridge

Buckingham Palace

found a plate that looks like me

The Amazing Chairman!

The Amazing Chairman! cannot say your school’s name!

During my presentation

Library of the Royal Institution

Library of the Royal Institution

Library of the Royal Institution

Sometimes your professor might act distant…

…but actually he is very close to you…

…and closer, closer, and closer. :)

ICAT-EGVE’2017

こんにちは,M1の松村です.
先週行われたICAT-EGVE’2017に,弊研究室からは私と助教の武富先生が参加してきましたので,報告したいと思います.

ICAT-EGVEは,International Conference on Artificial Reality and TelexistenceとEurographics Symposium on Virtual Environmentsの共催で行われている国際会議です.
人口現実感とテレイグジスタンスに関する国際会議ということで,ARやMR,VRに関する研究や共同作業などの遠隔技術に関する研究についての発表が行われました.
期間は11/22~11/24の3日間で,本年の開催地は南オーストラリア大学(アデレード,オーストラリア)でした.

セッションはKeynote Talkの”Small, Lightweight and Fast: A Near Future of On-the-go AR and Wearables”から始まりました.
SpeakerのThad Starner教授はウェアラブルコンピューティングのパイオニアであり,Google Glassのテクニカルリードでもあります.
ARとウェアラブルの現状とこの先の未来について,業界を率いている第一人者の方からの貴重な講演をお聞きする事ができました.

Thad Starnerk教授によるKeynote Talk

口頭発表では8ページのFull Paperが26件(投稿数42件,採択率61%),4ページのShort Paperが7件(投稿数14件,採択率50%)の計33件の発表があり,「Tracking」・「Beyond  Visuals」・「Immersion & Interaction」・「Avatars & Agents」・「Gaming」・「The Eyes Have It」・「Applications & Collaborations」・「Graphics & Metrics」の8つのセッションに分かれて行われました.
Full paperとShort paperともにBestを受賞した研究は,「The Eyes Have It」セッションの目に関する研究でした.

また,2日目と3日目には17件のポスター発表や11件のデモ展示もありました.
デモ展示では,HololensやHTC Viveを使ったアプリケーションなどの展示が行われており,私も実際に体験させていただきました.
個人的にはHMDと360度カメラを組み合わせて2者の視界の共有を行うというデモが興味深かったです.

ポスター発表では,私たちは鹿屋体育大学と共同で研究を行っているスポーツ応用に関する研究の発表を行いました.
英語での説明ということで,単語を並べたたどたどしい説明になってしまったのですが,来ていただいた人たちに「It’s interesting study.」と言っていただけたりアドバイスをいただけたりと大変ありがたい経験でした.

ポスターの前で説明をする私

ポスターの説明をされている武富先生

国際会議ならではかは分かりませんが,セッションごとのTea breakではおやつが用意してあったり,バンケット会場のワイナリーではバンケット開始前にワインを楽しむ時間があったり,発表以外の部分でも楽しませていただきました.

バンケット会場

個人的な話ですが,私は英語が苦手であまり話せず,海外に行くのも初めての経験だったので,初めはとても緊張していました.
ですが,国際学会に参加することで色んな国の方と交流し話すことができて,とても楽しかったです.
また,少しですが食事や買物などで現地の方と話す経験をしたことで,ほんの少しですが以前の私より自信がついたかなと思っています.

来年の会場はキプロスのリマソールという都市で行われるとのことで,一年研究を頑張ってまた参加できれば良いなと思いました.

SIG-MR 2017@北見

こんにちは,M1の松村です.
私たちは先週の10月19日と20日に,北見工業大学 (北海道,北見) で開催された第53回 複合現実感研究会 (SIG-MR) に参加してきましたのでご報告いたします.

会場の北見工業大学

SIG-MRは日本バーチャルリアリティ学会に設置された研究会の一つで,VRとARの両方を扱う複合現実感 (Mixed Reality) に関する研究会です.
今回の研究会では,サイバースペースと仮想都市研究会 (SIG-CS) ,電子情報通信学会メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE) ,ヒューマンインタフェース学会デバイスメディア指向ユーザインタフェース研究会 (SIG-DeMO) の3研究会と共催・連催されました.
2日間の口頭発表セッションがあり,私は1日目のスポーツセッションへ,ご一緒に参加されたD2の秋山さんは2日目の錯覚のセッションへの参加でした.
秋山さんは「知覚量に基づく光投影による色制御実現に向けた色知覚モデルの検討」という題目で,プロジェクションに関する研究についてご発表されていました.

秋山さんの発表

私は「運動学習のための顔交換技術の初期検討」という題目で,イメージトレーニングのための顔交換技術について発表を行いました.
外部での発表は初めてではないのですが,NAISTに入学してからは初めての発表ということでテーマの説明に慣れていないこともあり少し緊張していましたが,質疑応答で頂いたコメントや質問は新たな知見があり良い経験になりました.
是非今後の検討に活かしていきたいと思います.

発表を行う私

また,招待講演として北見工業大学の鈴木先生のお話を聞くことができました.
冬季スポーツ,具体的にはアルペンスキーへの工学的取り組みについてのご講演であり,その中に海外の有名選手の動きを解析し学習するというお話がありました.
私の研究テーマもスポーツ・運動学習に関連するものなので非常に興味深いお話となりました.

M1のこの時期に外部での研究会を経験することができ,非常にありがたい経験となりました.
学会・研究会に参加することは,自身の研究に対するモチベーションにもつながりますので,また他の学会に参加できるよう日々の研究生活に努めたいです.

研究室創立10周年記念祝賀会

こんにちは、M2の安藤です。

2007年に発足したインタラクティブメディア設計学研究室は今年で10周年を迎えました。

加藤先生、研究室創立10周年おめでとうございます!!

それを記念しまして、今年の8月26日にインタラクティブメディア設計学研究室創立10周年記念祝賀会が催されました。祝賀会にはOB・OGを含め約50人が出席し、久しぶりに再開した仲間たちとの近況報告や研究室のこれまでを振り返るスライド上映で大いに盛り上がりました。

会場の様子

祝賀会の後半には、加藤先生と今まで研究室を支えてくださった秘書の上野さんに花束と記念品をお渡ししました。加藤先生には趣味のフィギュアスケート観戦チケットを、上野さんには旅行券をお渡ししました。

選手について熱く語る加藤先生

最後に皆で集合写真を撮りました。

記念撮影

私も先輩方が作り上げてきたものを引き継いでいき、そして10周年から先のimdの一員として頑張っていきたいと思います。加藤先生を初め、imdの皆様、どうぞよろしくお願いします。

APMAR 2017

こんにちは,D1の秋山です.

7/3に北京で行われたAPMAR 2017(Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality)に参加してきましたので報告いたします.APMARは,前身となるKJMR, APMRの範囲をさらに発展させた今年が第1回目の学会です.北京の北京理工大学で行われました.本研究室からは秋山とQiruiさんが参加させて頂きました.

集合写真

 

 

 

 

 

 

Keynote Speechとしては,ミュンヘン工科大学のNassir Navab教授がAR(拡張現実感)の医療応用について講演をしておられました.高性能化する近年の医療設備のインターフェイスは複雑で直感的ではないものが多い現状に対し,インターフェイスとしてARを利用して直感的操作を実現することを提案されていました.また,人体の内部などの普段は見えない部分をARにより可視化することで手術や教育の現場での応用も期待されることも話されていました.ARのこれからの可能性を感じる講演でとても興味深いものでした.個人的な話ですが,私は昨年Navab教授の研究室にインターンシップに行かせていただいていたので,少し懐かしい気持ちで講演を聞かせていただきました.

Keynote speech by Prof. Nassir Navab

 

 

 

 

 

 

口頭発表はAR, MR分野の興味深い研究をたくさん聞くことができました.Asis Pacificの名の通り,日本,韓国,中国,オーストラリアなど多数のアジアの大学からの投稿がありました.22本の口頭発表,6本のポスター掲示があり,僕もQiruiさんも口頭発表をさせていただきました.僕はIMD Lab.とKAISTのmyDesign Lab.との間で行われたIoTのためのARインターフェイスについて,Qiruiさんはご自身の研究であるCurvelet Domainを利用したDepth mapの補完技術についての発表を行いました.

Presentation by Qirui

 

 

 

 

 

 

 

APMARは現在の研究の情報を共有して意見交換をしたり,同分野の研究者の方と知り合ったりするのにとても適した学会だと感じました.次回のAPMAR2018は台湾で開催されるようです.来年も参加できるように日々の研究に努めたいと思います.

オープンキャンパス@2017年5月

はじめまして、M1の藤原です。
5/13(土)に行われたNAISTのオープンキャンパスについて報告いたします。

NAISTで年に数回開催されるオープンキャンパスですが、私たちインタラクティブメディアデザイン研究室では今回サイクリング支援システム、環境光の変化に頑健な見かけ制御プロジェクションシステム、単眼カメラを用いた3D 形状のマッピングシステムなど様々なデモ発表を行いました。あいにくの雨ではありましたが多くの方にご来場いただきました。



私は単眼カメラを用いた3D 形状のマッピングシステムの発表を担当しました。私自身研究室に配属してから1か月ほどで、研究の細部に関する説明をするのは難しい事もありました。詳しい説明はZhang先輩や武富助教に助けてもらいながら、なんとかやりきることができました。

また、この時期にオープンキャンパスに来られる学生さんの中には、7月の入学試験を控えている方もいらっしゃいました。小論文のテーマや数学の口頭試問など受験について質問されることも度々ありました。今回のオープンキャンパスが来年度の入学を考えている学生さんのモチベーションにつながればと思います。
最後になりますが、私自身もこのオープンキャンパスから沢山の事を学ばせてもらいました。来場者の方々も、オープンキャンパスを通じて本研究室に興味を持っていただけたのなら幸いです。

Welcome party

初めまして、M2の稲光です。

早いもので、もう5月ですね。
自分が入学してからもう一年が経過した事実を思い至るに、光陰矢の如しという言葉を肌で感じるところです。

今年もインタラクティブメディア設計学研究室には、M1が4人、インターンシップの方が6人と、沢山の仲間が加入してくれました。

初々しいM1の新入生と顔を合わせて、『果たして去年の自分はこんなに初々しかったかな』と感じた辺り、自分もすっかりNAISTとこの研究室に慣れたようです。

さて、その新入生の入学式からもうそろそろ一ヶ月が経とうとしている中、本研究室では彼らM1とインターンシップ学生のための歓迎会を行いました。

新しいメンバーはそれぞれ自身にまつわる面白いエピソードを交えて自己紹介をした後、ラボのメンバーとの歓談と食事(焼肉!)に興じました。

今回の歓迎会を企画した身としては色々と念に掛ける点が多く、特に新しい面々がちゃんとラボのメンバーと親睦を深められるかと気を揉んでいたのですが、歓迎会終了後の彼らを見るに、双方とも睦まじい様でホッとしています。

自己紹介をするM1

フランスからのインターンシップ生

面白いエピソードを思いつくのに四苦八苦

いかんせん筆不精なもので歓迎会の楽しげな雰囲気が伝わったかどうかは怪しいですが、新しい面々とこれから仲良く研究生活を送る上で良好なスタートになったのではないかと思います。